協和町ホームページ跡

ご訪問ありがとうございます。

秋田県について

秋田の語源は諸説あり、その中の一説によるとアゴに似た地形から付けられた「齶田(あぎた)」が転じたものだともいわれている。その後天平時代に「秋田」の表記で定着した。

秋田県の特産品

秋田県にも特産品が数多くあり、その中でも有名なのがきりたんぽ、曲げわっぱ、あきたこまちです。

秋田県を訪れた際には是非とも商品を見ていただけたらと思います。きっと気になる品に出会えることと思われます。最近では、ご自宅で秋田県の特産品をご購入していただけるサイトも充実しているので、気になるものがあればご自宅でショッピングをお楽しみいただくことも可能となりました。

秋田県を知っていただくきっかけにでもしていただけたらと考えております。

秋田県でたくさん取れる生野菜について(生野菜の洗い方)

 

汚れや農薬を洗い流そう
最近の野菜は、特に外国から輸入しているようなものは、どこにどれだけ農薬がついているかわかったものではありません。実際に、なかなか腐ったりカビない野菜を見ると、そら恐ろしくなってしまいます。
農薬は目に見えないため、しっかり洗い流すことなく食べるとどれだけ口に入ってしまっているかわからないことも恐ろしい原因の一つです。

 

もちろん、農薬にも色々規制があるでしょうから、残留値などを合格したものが販売されているのでしょうけれど、毎日のように摂取して蓄積した農薬が人体に与える影響は計り知れないのではないかと思います。
切る前のちょっとしたひと手間で安心できる野菜を食べるなら、適切に農薬や汚れを落としてからにしたいですよね。特に、サラダなどの生野菜には特に慎重に洗いたいのが本音です。しかし前述したとおり農薬は目には見えないもの。
生野菜の洗い方について色々調べていた時に見つけたのが、サーフセラという商品です。このサーフセラというのは、ホッキ貝の殻の粉末から作られたもので、農薬などを洗い流すことができるというものだという驚きの品です。
水に生野菜を漬け、そこにサーフセラを溶かして数分置いておくだけで、生野菜に残留していた農薬をキレイに洗い流すことができるという、ラクチン・安全という優れものです。

 

正しい生野菜の洗い方は、ゴシゴシと洗うのではなく、サーフセラを溶かした水溶液に漬けるだけというように我が家では替わりました。野菜を洗う時間も大幅に短縮され、大いに助かっています。

 

 

人間の排出効果を高めることができる?

 

生野菜の洗い方を調べていて、もうひとつ学んだことが、人間に不必要なものを体外に排出するシステムが人間に備わっているということ。その機能を高めてくれるのが玄米だというのです。玄米に多く含まれる栄養素が、農薬などの不要物を排出するのに効果的らしいです。

 

もともと玄米食であった我が家としては、ますます玄米に惚れこむことになった情報でした。面白いことに、生野菜の洗い方について調べていたのですが、不思議なことを二つも知ることができて解決しました。しかも、初めに調べていた生野菜の洗い方については全く情報を仕入れることができなかったのにも関わらずです…。

管理人厳選情報サイト

サイトMENU
スポンサードリンク

広告